ドル円、いったんは調整局面入りか


為替・FXランキング
バイナリーオプションランキング

ドル円は本日129.40円まで上昇。
しかし、129.50円にあると言われている
ノックアウト・オプションをトリガーすることができなかった。

本日発表された日本の3月貿易統計は、
予想(-1000億円)を大きく下回る-4142億円の赤字。
これは円安材料と言える。また、日銀は本日、指し値オペを行った。
今後26日まで指し値オペを連続で行うと発表している。これも円安材料だ。

しかし、129円と、130円一歩手前まで行ったことで
達成感があるのだろうか。ドル円はこうした材料には反応しなかった。

誰がどう見ても、ドル円は買われ過ぎのマーケット。
下がり続けることはないだろうが、調整局面入りだろう。
どこまで調整で下落するか、そこは読み難いものがあるが、
期待としては、大きめの調整を見たい。
下がれば下がるほど、逆説的だが、良い買い場だ。

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。