黒田日銀総裁「最近の円安は急激」


為替・FXランキング
バイナリーオプションランキング

本日もオセアニア、
そして欧州はイースターで休場。
NYから本格的に相場が戻ってくる。

黒田日銀総裁は、衆院決算行政監視委員会で
「大きな円安や急速な円安はマイナスが大きくなる」と発言。
円安は日本経済にプラスと主張し続けてきたが、
マイナス面にも言及して相場をけん制した。
朝方、ドル円相場は126.79円の高値をつけたが、
黒田発言を受けて瞬間126.25円前後まで下げた。

しかし、「基本的に円安はプラス」との主張は崩していない。
「円安のマイナス面も考慮しないといけない」と言いつつも、
引き締め方向に政策を変えることはなさそうだ。
日米の金融政策の方向性が違うので、
円安トレンドを変えるのは難しい。

鈴木俊一財務相は同委員会で、
日本経済は原材料高の価格転嫁や
賃金の引き上げが不十分だと指摘した上で
「そういう経済状況においては
今の円安は良い円安とは言えない」と発言した。

日銀総裁と財務相で、
基本的な考え方に齟齬がある。
まず、両者で意見を摺り合わしてもらいたいものだ。
日銀が引き締め政策を取れない以上、
円安は更に進みそうだ。

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。