FRB関係者の発言に注目か


為替・FXランキング
バイナリーオプションランキング

豪、米、英の中銀金融会合を終え、一服感。

FOMCにおいて
テーパリングが決定されたことは予定通りだったが、

豪中銀と英中銀の決定は予想外。

マーケットは荒れ、豪ドルと英ポンドは売られた。

 

豪・英中銀の決定でクロス円まで売られてしまったので
マーケットは仕切り直し。

世界的に金利が低下したため、

戦略の練り直しが迫られる。

 

市場の引き締め警戒が行き過ぎとなれば、

少し円が揺り戻して高くなる状況もあるかもしれない。

中長期的な円の先安感に変わりはないが、

目先は調整局面か。

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です