米消費者物価指数がポイントだが。。。


為替・FXランキング
バイナリーオプションランキング

米消費者物価指数が発表されます。

予想は前年比+5.3%、前月比+0.3%

コアの方は、前年比+4.0%、前月比+0.2%

 

前回は、コアの対前月比が0.1%まで落ちたので、

それでドルが売られました。

しかし、それでもFOMCにおいて

テーパリングと将来の利上げを見越した

ドット・プロットが発表されたために、

影響は限定的だったと言えます。

 

よって、今回も限定的でしょう。

 

米10年金利が低下しているので、

ドル買いもやや小康状態ですが、

どうせ、またドル買いになります。

ドルロングキープでしょうか。

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です