本日は米消費者物価指数、そしてECB理事会


為替・FXランキング
バイナリーオプションランキング

本日は勝負の日。
米消費者物価指数とECB理事会がある。
米消費者物価指数に関しては、
相当大きな数字とならない限り、
サプライズにはならないかもしれない。
昨日も米国債ショートポジションのショートカバーが出たが、
直前になって持ち高調整が出てきている模様だ。
また、ショートカバーのみならず、
待っていた買いが出てきているようにも見える。
ECBの方は、出てきた内容次第となろうか。
これまでのラガルド総裁の発言を見る限りにおいては、
過度な金融引締につながるような話は出てこないだろう。
そうなると、
欧州金利は同じか、やや低下し、
ユーロがやや下落することもありそうだが、
そこを買ってみたい感じもする。
ドル円は米長期金利が低下しているにも関わらず堅調だ。
少し様相が変化してきたのかもしれない。

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です