円独歩安の状況

円売りが加速しています。
米長期金利が上昇し、それがドル円を支える一方、
ユーロドルやその他の通貨ペアでは、
米国の過大な財政支出を懸念しドル安という動きになっています。

インフレが起こるのではないかという懸念から、
世界中の金利が上昇していますが、
日本だけは「長短金利操作付き、量的質的緩和」という
イールドカーブ・コントロール政策を採っているので、
長期金利上昇には限界(0.2%)があります。

そう考えると、
円売り他通貨買いには根拠があります。
今しばらく続きそうな勢いです。

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です