イエレン次期米財務長官、ドル安を目指さない方針明言へ


為替・FXランキング
バイナリーオプションランキング

ウォール・ストリート・ジャーナル紙が報じるところによると、
バイデン次期政権下で
財務長官に指名されているジャネット・イエレン前FRB議長は、
19日に米上院で開かれる指名承認公聴会で、
為替相場については市場で決まる相場を尊重すると明言し、
競争優位のため弱いドルを目指すことはないことを
明らかにする見通しだ。

これは、弱いドルを志向したトランプ政権との違いは明確で、
伝統的な不感症的な手法に回帰することを意味する。

本日は米国市場はキング牧師生誕日ということで休場だが、
ドル相場には上昇圧力がかかりやすいだろう。
米金利もじわりと上昇しており、
目先のリスクはドル高方向か。
ユーロドルの1.20から1.2050前後は強いサポートゾーンだが、
割れてくると、相場が変わりそうだ。

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です