今週末がブレグジット交渉の期限

欧州議会が、
ブレグジットを実現するためには
20日(日)までに決めないと難しいとし、
交渉期限が決まりました。

あとは漁業権の問題が残るだけであり、
そこは何とでもなるとは外野は思いますが、
どうにもならなかったということは、
何か重要な理由があるのでしょうか?
やはり英国はフランスには頭を下げられないのでしょうか。

しかし、膨大な時間をかけて、膨大な事務作業を終え、
あと残るは魚をお互いにどの程度取り合うかだけです。
客観的には、合意が実現するのでしょうが、
そう見えないところが根が深そう。

ブレグジット相場が終わったら、
今度はドル売り相場がやってきそうだが、
ドルは既に十分低いので、
一回上昇して売り場を作って欲しい感じです。

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です