IFO若干弱く、ユーロ軟化


為替・FXランキング
バイナリーオプションランキング

来週、大統領選挙を控えているとあって、
基本的には静かなマーケット。
ポジション調整が主体。

10月IFO企業景況感指数が
予想93.0のところ92.7と弱く、
ユーロドルは1.1850前後から1.1810前後へと軟化しました。
その他の通貨では、
ポンドがロングの投げで一時1.3000割れとなったが、
反発してきている。

一方、中国ウイグル地区で138人ものコロナ感染者が判明し、
中国株は下落している。
中国が感染を抑えているので、
景気回復が実現している部分があるが、
こうなると怪しくなる。

多くのプレーヤーはバイデン候補が当選すると、
ドル安になるという相場観をもっており、
マーケットは若干ユーロドル等で
ドルショートポジションを持っている。
それが損切りを迫られる展開となるかもしれない

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です