臨時EU首脳会議前に、ユーロドルの調整あるか


為替・FXランキング
バイナリーオプションランキング

臨時EU首脳会議が行われる。
また、本日はECB理事会もある。
ECB理事会の方は無風で終わりそうだが、
EU首脳会議は約4カ国とその他の国との対立で、
まとまらない可能性が高い。
そうなると、反落やむなしだろうか。

しかし、いずれ復興基金は実現するだろう。
長期投資家のドルからユーロ等への分散は
継続的に続いている。
押し目があれば買い場になりそうだ。

ドル円は膠着状態が続く。
トレードチャンスが見えない。
株を買うなら米国株という意識が
国内投資家にも浸透し始めており、
そうしたドル買いの需要が、
GPIF以外にも
ドル円相場の下値を支えているのであろう。

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です