昨日やっとハロイベらしいのが出ましたっ


為替・FXランキング
バイナリーオプションランキング

ボリス・ジョンソン首相が総選挙の意向を固めました。
12月12日投票日のようですが、
EU側が認める延長幅によって、総選挙ができるかどうか決まります。
多くの国は1月末日までの延長を認める方針のようですが、
フランスだけは短期の延長(11月15日)しか認めないとしています。
フランスの主張ももっともなことで、
英議会は全く機能していない。
離脱という国民の意志ははっきりしているので、
英国国会議員は自らの主張はどうあれ、
国民の意向を実現する方向で動かなくてはならない。
むしろ短期の延長のほうがおもしろいかもしれない。
決められない場合は「合意なき離脱」となるので、
ジョンソン案にするしかない。
そもそも、どの方向に行ったとしても、その結果しかない。
そしてその場合、割安なポンドは買われる事になりそうだ。

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です