ECB理事会の結果を待つ


為替・FXランキング
バイナリーオプションランキング

ECB理事会の結果待ち。
ある程度の利下げ(-0.1~-0.2%)、フォワードガイダンスの強化、
マイナス金利適用の階層化等々が予想されます。
資産購入に関しては、今回は見送られるかもしれません。
ユーロ高になることを避けたいと思っているはずなので、
それなりの政策を打ち出してくるはずです。
今回が最後の理事会となるドラギ総裁が、
会見でどのようなことを発言するのか
ということも注目でしょう。
このところ米長期金利が急騰しています。
ECB、そしてFOMCと金融緩和していくことは規定路線なのですが、
少しでも想定外のタカ派的な発言等があれば、
更に米長期金利が上昇し、
いわゆる債券バブル崩壊となるかもしれません。
その辺りにも注目したいところです。

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です