G20前の調整相場だが、基本的にドル安継続か


為替・FXランキング
バイナリーオプションランキング

週末にG20を控え、習近平主席とトランプ大統領の会談が注目される。
意味のある合意はないとの見方が大勢だが、
お互いに景気後退リスクを抱えているため、
経済のためにいったん手打ちするというシナリオは描かれやすい。
ただ、米中首脳会談の結果が出てくるのが週末になるので、
今週は勝負のしようがないとも言える。
何らかの妥協的な声明文が出て、
米国もさらなる対中制裁関税は控えると言うのが、
多くの市場関係者のコンセンサスといえる。
比較的良好な首脳会談が予想されるとするならば、
ドル円の下値はある程度限定的だろう。
問題は、ユーロドルや他の通貨が対ドルでどこまで伸びるかだ。
大きなトレンド転換と考えるならば、
天井を打つのはまだまだ先なので、
ユーロ等のポジションはロング継続だろう。
1.15から、もっと上に行ってほしい。

 

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です