米中通商交渉終了したが、市場が望む結果はなし


為替・FXランキング
バイナリーオプションランキング

米中通商交渉が順調に進んでいるというトランプ大統領のツィート
また妥結を望む大統領のスタンスから、
米中対立一時中止的な、
大きな何かを市場は期待しましたが、結果裏切られました。
何がしかの進展はあるのでしょうが、
外交面における中国の態度が
決して弱腰ではないところを見ると、
向こう側も安易な妥協に走るつもりはないのでしょう。
そうなると、シナリオは変わってきます。
FOMC議事録がハト派的だったこともあり、
ドルが重い状況です。
過度な悲観が払拭されるので
ドル円は買いとのスタンスにはなかなか立てないでしょう。
戻り売りスタンスで行きたいところ。
また、ユーロドルはもみ合いをうわ抜けてきてます。
押し目買いスタンスでしょうか。

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です