意外にタカ派でなかったクラリダ副議長


為替・FXランキング
バイナリーオプションランキング

昨日注目されたクラリダ副議長講演だが、
「意外」にふつうだったために、
マーケットは肩透かしを食らった格好となった。
前日にドラギ総裁が、ユーロ圏の景気減速を認めたこともあり、
市場はユーロドル売りで反応した。
目先、米中首脳会談と、ブレクジット評決が最大のリスクだが、
ユーロドルのショートは、
案外そうしたリスクとは無縁かもしれないということで、
行うトレードが少ない中、ユーロドルの売りが挙行されているようだ。
ドル円は堅調だが、
114円から上は何度試してもだめなので、
今回も売りがかぶさっている模様。

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です