米中首脳会談を巡る情報で一喜一憂


為替・FXランキング
バイナリーオプションランキング

今週は米中首脳会談待ちの週。
しかし、首脳会談に関する「リーク」が流れるため、
そのたびに一喜一憂する。
昨日は、トランプ大統領が関税引き上げに関してツィートした。
そして本日、中国外務省報道官が
トランプ大統領と習近平国家主席との間で
貿易に関し相互に利益のある条件で合意に達していると発言したとの報道で
豪ドル円が一時82.57円前後まで急騰した。
しかし、報道をどの程度信用してよいのか
よくわからないというのが正直なところだろう。
現在は82.15円前後へと反落している。
また、昨日ドラギ総裁がユーロ圏の景気減速をやんわり認めた。
CPI等は高めのままだが、製造業PMIがここまで低下すると、
景気減速を認めざるをえない。
ユーロドルは頭が重い展開が続きそうだ。

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です