材料出尽くし?


為替・FXランキング
バイナリーオプションランキング

トランプ対中制裁関税第3弾が発動された。
豪ドル円や豪ドルが売られたが、
下値も限定的、結局大きくショートカバーすることとなった。
日経平均も325円高、23420円と2万3千円の節目を
上回ったことのほうが評価されている様だ。
問題は、中国側がどのような対抗策を打ち出してくるかだが、
表面上の言葉は強いが、
実際はそれほど強いものにならないのではないかという楽観論が強い。
中国も米国製品が必要だし、
あまり強い対抗策を出して中国進出企業が出ていっても困る。
むしろ、これまで関係の悪化していた日本に対して
好意的に振る舞うようになってきたことは、
日本に対して好材料だ。
ここからの展開だが、
ドル円は本当に動かなくなってきた。
上も下もあまり動かない。
ユーロ円の動きも限定的だ。
トランプ政権の為替政策が気になるので、
ドル円の上値は買えないが、
したはしたで円売り需要が強い。
M&Aや直接投資玉が控えている。
こうした均衡はいつ崩れるのだろうか。
中間選挙まで待たなければならないのだろうか

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です