ジャクソンホールにおけるパウエル議長講演に注目


為替・FXランキング
バイナリーオプションランキング

ジャクソンホールは政策を発表する場ではないので、
パウエル議長講演でなにか市場を揺るがすことが出てくるとは想定し難いが、
トランプ大統領に批判されたあとなので、
利上げ路線が揺るぎないものだと言及するだけでも、
ドルにはポジティブに影響するかもしれない。
ただ、基本的には市場への影響はないだろう。

豪政局が揺れている。
ターンブル氏を支持してきたコールマン金融相ら3閣僚辞任、
自由党内の対立が決定的になっている。
この影響で豪ドルが1%近い下げとなった。
ただ、政局は流動的とはいえ、
それでオーストラリアの政策が決定的に変化するようには見えない
不透明感を嫌っての売りと言えそうだ。
しばらくは、相場ネタにできるかもしれない。

最大の焦点は、米中貿易戦争の帰趨だろう。
解決する道筋も見えないが、
悪化するとも言い切れない。
ただ、市場は中間選挙に向けて貿易問題が改善に向かうとの立場だ。
そうでなかったときは、リスクオフ的な動きも出てきそうだ。

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です