貿易戦争


為替・FXランキング
バイナリーオプションランキング

昨日のNYマーケットでは、対中国貿易戦争懸念が席巻、中国が対抗措置を取る場合真っ先に影響を被ると思われるボーイングの株が売られた。
トランプ政権内には、トランプ大統領と意見を異にする閣僚がいなくなった。
トランプ政策が純化するものと思われる。

一方、日本サイドでは、森友問題が驚くべき広がりを見せている。
リクルート事件や、過剰接待問題以上の深刻さだ。
日本の統治機構が変わるきっかけになるかもしれない。

実質的にアベノミクスは終わっている(そもそも効果はなかったが)、問題はいつそれに気付くか。
ドル円のリスクはダウンサイドだ。

 

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です