ドル円は重石相場に


為替・FXランキング
バイナリーオプションランキング

週明けの相場は、前週末の海外市場での米インフラ指標の軟調や北朝鮮のミサイル発射を受けたと報じられたことで、リスク回避でドルが売られたのを引き継いで、ドル円は110.55円付近まで下げ幅を拡大した。月末決済に絡んだ国内輸出企業からのドル売りを受けて一時110.30円台まで下落しました。

今週は、米国で7月雇用統計など重要指標の発表が多く、発表結果による早期利上げ観測の後退に繋がればドル円は110円台を割り込む可能性も。

 

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です