ドル円は低調な米経済指標を受けて112円台に!


為替・FXランキング
バイナリーオプションランキング

週末14日、ドル円は低調な米経済指標を受けてドルが売られる展開となり112円台半ばまで売られる結果となった。

6月の米消費者物価指数CPIは前月から横ばいで、予想の0.2%上昇を下回り、さらに6月小売売上高も予想の0.1%を下回る結果となった。

これを受けて米経済と物価に先行きに警戒感が広がり、利上げペースが緩やかになるとの観測からドルを売る流れが加速した。

来週は、ドル売りに傾いた相場の動きに注目したい。

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です