ドル円堅調地合い継続113円定着の行方は?


為替・FXランキング
バイナリーオプションランキング

週末の都議会線での自民大敗を受けて、早朝にドル円が111円後半まで急落した。

市場の反応としては一時的な動きでドル円の売り一巡後は反発となり、米株価や米指標の期待から底堅い動きで買い戻しが優勢となった。

ISM製造業景況指数の指標は57.8と、予想55.3を上回り、高水準を達したのを好感してドル円が113円30銭まで上昇する結果となった。

このまま、113円定着となるかは慎重に見るべきか。

 

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です